鳥取県×全農鳥取県本部がコトラボに結集!
福部町産・鳥取砂丘らっきょうで、とびきりの甘酢漬けを仕込む

こちらのレッスンは終了しました。ありがとうございました。

鳥取大砂丘に隣接した砂丘地で栽培される「鳥取砂丘らっきょう」は、100年の歴史を持つ伝統ある特産品。地理的表示保護制度にも登録され、砂丘育ちならではの粒の白さ、シャキシャキとした歯切れのよさはお墨つきです。今回は収穫がピークになる6月に合わせ、鮮度抜群の鳥取砂丘らっきょうがコトラボに到着!
らっきょうを知りつくしたプロ中のプロを講師として産地・鳥取からお招きし、研究を重ねたレシピで甘酢漬けを教えていただきます。この日漬けるらっきょうは500g。熟成が進むほど味わいも深くなってくるので、仕込んだあとは、熟成の違う甘酢漬けの味比べをしたり、らっきょうを使った料理を試食し、健康効果があるといわれるらっきょうの栄養や効能について学びます。そして締めくくりは、鳥取県産米「きぬむすめ」を使ったおむすびプレートをどうぞ。6月3日のコトラボはまるごとらっきょうデー。おみやげも充実の講座にぜひご参加ください。お持ち帰りいただく甘酢漬けは、目安の漬け込み時間が過ぎたらおいしくおめしあがりください♪ 


関連レッスン一覧