季節の手しごと〜春の山菜「ふきのとう」と「うど」でご飯のお供を作る〜

旬の味を長く堪能できるのが魅力の保存食。『オレンジページ』でおなじみの料理研究家・小田真規子先生が、初めてでも気軽に楽しめる作りやすい保存食を考案し、一冊にまとめた人気の本が『作りやすい、今どき保存食』です。ここコトラボでは、掲載された保存食レシピを「季節の手しごと」と題して、ワークショップスタイルで体験できます。 3月は、この時期にしか手に入らない春の山菜を使った料理に挑戦! 限られた期間しか味わえない春の恵みで常備菜を作り、少しでも長くおいしく味わってみませんか。 「ふきのとう」と「うど」を、それぞれ特製みそで調味し、ご飯にもお酒にもぴったりな「ふきのとうみそ」と「うどのみそ漬け」を作ってお持ち帰りいただきます。2種類のみそを混ぜたこっくり甘めの味つけと山菜がなじみ、日を追うごとに変化する味をお楽しみください。また、そのほかにも山菜を使ったアイディア料理をご紹介。こんなアレンジがあったんだ! という新しい味わいです。 この機会にぜひ山菜料理のレパートリーを増やしてみませんか。