梁宝璋RYO HOUSHO

1963年中国・黒竜江省チチハル市生まれ。故郷では油絵の画家として活躍していたが、残留孤児だった両親とともに1995年に来日。料理上手だった母の味をベースに独学で料理を学び、2000年に神田「味坊」を開く。2015年11月に編集者の小林淳一氏とともに湯島にて「味坊鉄鍋荘」を開店。中国東北地方の鉄鍋料理の文化を広める。その後、事業を拡大させ、2016年11月にはラム肉中華の「羊香味坊」(御徒町)、2018年2月には北京の大衆酒場を再現した「老酒舗」(御徒町)、同年6月には中国南部の湖南省の食文化を再現した「香辣里」(三軒茶屋)を次々と開店。現在は2019年に開業する食品加工工場併設型の新業態に挑んでいる。