おんぶしながらCooking
「野菜だし」が決め手!子どもの味覚を育てる離乳食・幼児食講座

「3歳までに一生の味覚が決まる」といわれるほど赤ちゃんの味覚はとても繊細なもの。毎日のことだから、きちんと作りたい! けれど手軽なものじゃないと続かないのが本音です。
そこで忙しいママにぴったりな作りおきができる「野菜だし」をベースにした、旬野菜の離乳食・幼児食の講座を開講します。
7月の食材は「とうもろこし」。基本の「野菜だし」にとうもろこしのしんを入れ、素材の甘みをだしにうつします。このだしをベースに「コーンとじゃがいものとろとろ煮」を作り、月齢に合わせたペースト状にしていただきます。大人にもおいしくいただける「とうもろこしのスープ」もいっしょに作りますので、赤ちゃんと滋味あふれるランチタイムをどうぞ。
講座では、用意したカラフルでおしゃれなベビーラップの中からお好みのものを選んでいただき、アドバイザーの指導のもと赤ちゃんをおんぶして調理をしていただきます。ベビーラップは背中の高い位置でおんぶできるのが特徴で、赤ちゃんにとってもママにとっても快適。肩越しに料理するママの手もとをのぞき込むこともできるので、赤ちゃんの視覚的な食育にもつながります。ベビーカーのままコトラボへ! 体にいい離乳食をいっしょに作りましょう。